ひまわり保育園について

h2(ひまわり保育園について)

昭和49年に開設して以来、一貫して「元気に、明るく、のびのびと」を保育理念に掲げ、
数多くの卒園児を送り出してきました。今では、卒園生がお父さんお母さんになり、子どもたちをつれてきます。
「自分が通ったひまわり保育園に子どもを通わせるのが夢だった」と話してくれた父母がいました。
これからも地域に根ざした保育園であり、2世・3世を迎え入れたいと思います。

園長 峰岸 由美子

保育理念

  • 「元気に 明るく のびのびと!」をスローガンに、心身ともに健康で豊かな人間性を持った子どもを育みます。
  • 一人ひとりの生きる力の基礎を培い、未来にふさわし子供の育成を目指します。
  • 家族や地域社会と連携、交流を図り、保育と支援で社会に貢献します。

保育方針

心と体の健康づくり

家庭的であたたかい雰囲気の中で子供たちの情緒の安定を図り、健康な体、基本的な生活習慣の習得をします。
体操、遊び、リズム運動などで体を思う存分動かし、健康な体を作ります。

自然や事象に親しむ

自然への興味・関心を持ち、感動する心を育てます。
絵本、童話、音楽などに触れ、体験することにより、豊かな感性と創造性を育みます。

人を大切にする心づくり

遊びや行事を通し、友達や年下の子に優しさと思いやりの心と社会性を育てます。家族や保育士などとの関わりの中で、基本的信頼感を育て、人を愛し信頼する心を育みます。

職員は、喜びと誇りを持って

職員は一人ひとりの子どものありのままを受け止め、豊かな愛情を持って、元気に明るくのびのびと、保育にあたります。
職員は、向上心にあふれ、喜びと誇りを持って、保育にあたります。

TOP